2012年8月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:22 Aug 15 2012

海南省のホテルで食中毒疑い 日本人2人含む120人以上 (2)

 14日午後4時の時点で、入院していた113人のうち、13人がすでに退院。入院中の半数以上も下痢や腹痛、発熱などの急性胃腸炎の症状が治まり、快方に向かっているという。

 同問題発生後、同部門は人員を派遣し、各関連部門が協力して治療をサポートすることに専念し、入院中の患者に対して入念な治療を実施。同市の三亜市観光発展委員会や、食品薬品監督管理局などの部門がスタッフをホテルに派遣し、患者やその家族のサポートや食品検査などの関連の業務に当たっている。ホテル側も、スタッフ80人以上を病院に手配。スタッフは医療関係者と協力して、患者やその家族に食事や水、生活用品などを交代で提供している。入院中の患者は現在、精神的にも落ち着いた状態だという。

 省関連部門の指導者や市共産党委員会・政府も関心を寄せ、患者の慰問や医療業務の指揮・調整などを行っている。(編集KN)

 「人民網日本語版」2012年8月15日

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古