2012年8月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:28 Aug 16 2012

中国各都市で気温上昇、最高気温42度を記録

 中国全土が酷暑を迎える中、一部の都市では「ストーブ」のような猛暑日が続いている。中国には「4大ストーブ都市」という呼称があったが、現在はこれに変化が生じている。どの都市の気温が最も高いか、いわゆる「中国4大ストーブ」はどの都市かについて、さまざまな意見があがっている。人民日報が伝えた。

 中国気象局国家気候センターの専門家はこのほど、過去31年間の気象データを総合的に分析した。その結果、夏の気温が最も高い10の省都と直轄市は、下記の通りとなった。重慶市、福州市、杭州市、南昌市、長沙市、武漢市、西安市、南京市、合肥市、南寧市。

 国家気候センター気候・気候変化評価室主任の張存傑研究員は、「いわゆるストーブ都市には確かな定義と科学的基準がなく、民間にあいまいな基準が存在するだけだ」と語った。

 これまで「ストーブ都市」とされてきたのは、長江流域の大都市だ。夏は亜熱帯高気圧の影響を受け、高気温・高湿度の天気が続き、まるでストーブの中にいるような、うだるような暑さとなる。

 張氏は、「過去数十年間、中国北方地区の気温上昇は南方地区を上回り、北方の大都市において気温上昇がより顕著だ」と指摘した。北方の西安市、鄭州市、石家荘市、済南市、北京市、天津市等の都市では、暑さが厳しくなっている。西安市、石家荘市等の都市では近年、夏季の真夏日が20日を超えており、42度という極端な高温を記録したこともある。市民らは、気温上昇を実感している。南方地区の都市の気温上昇は、北方地区の都市ほどではないが、暑さは少しも軽減されていない。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年8月16日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古