2012年8月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:31 Aug 16 2012

今時の親孝行 ネットの使い方を教えてあげるなど (2)

 ◆敬老をアピール

 伝統的な「二十四孝」と比べ、現代版はシンプルで分かりやすい。「インターネットの使い方を教える」、「適切な保険に加入させる」等の現代生活と密接に関わる行動基準の他に、「(配偶者を失った)親の再婚に反対しない」、「両親の昔話に対して真剣に耳を傾ける」等、高齢者に対するいたわりの内容が含まれる。

 全国婦連老齢工作協調弁公室主任、全国心系系列活動チーム委員会副主任の崔淑惠氏は、「2012−2013年度、『心系老年-親孝行プロジェクト』を北京・上海・天津・重慶等の15都市で展開する。親孝行宣伝資料を無料配布し、新『二十四孝』の内容に込められた意味を宣伝し、その内容に基づく歌曲と童謡を歌い、親孝行を提唱し、社会全体に対して『敬老・愛老・助老・孝老』を呼びかけ、高齢者に実りある利益を提供する」と説明した。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年8月16日

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古