2012年8月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:45 Aug 20 2012

「健康中国研究報告」発表 2020年までに平均寿命77歳に

 17日に北京で開催された「2012中国衛生フォーラム(CHF)」の開幕式で、中国衛生部の陳竺部長は「健康中国2020」戦略研究報告編集委員会を代表して同報告を発表。「この研究報告の全体的な目標に基づき、2020年までに、中国の国民健康水準を中等先進国(世界銀行の基準では国民1人当たりのGDPが1万ドルを超える国)の水準にまで引き上げ、平均寿命も77歳にまで引き上げたい」と語った。人民日報(海外版)が報じた。

 同研究報告によると、中国は2020年までに、都市部や農村部の住民をカバーする基本的な医療・衛生制度を整備し、人々が基本的な医療・衛生サービスを受けることができる社会の実現を目指す。医療保障の水準を継続的に向上させ、衛生サービスの利用率を大幅に改善。地域の違いによって存在する人々の健康の差をさらに縮め、国民の健康水準を中等先進国の水準にまで引き上げ、平均寿命も77歳にまで向上。5歳以下の乳幼児の死亡率を1千分の3、妊産婦の死亡率を10万分の20にまで引き下げる方針。(編集KN)

 「人民網日本語版」2012年8月20日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古