2012年8月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:30 Aug 20 2012

河南省のテレビ局が「現代版孟母」を選ぶイベント開催

 儒教で孔子に次いで重要な人物とされる孟子(もうし)を育てた母親は、中国で賢母の代表として知られるが、現代版孟母を選ぶ大型公益イベントを18日、河南省の衛星テレビ局がスタート。6月に中国初の女性飛行士として宇宙飛行を行った劉洋氏の母親・牛喜雲さんが現代版孟母の候補としてイベントに参加した。同テレビ局は今後2カ月間、現代版孟母を10人選出し、表彰する。北京のタブロイド紙「京華時報」が報じた。

 「現代版孟母を探せ」と題する同イベントは、同テレビ局の文化番組「知根知底」が全面的に取り仕切る。同番組のゲスト司会者・紀連海さんは「孟母は古代の賢母の代表で、孟子のために住居を3度移したことや孟子が学問を怠って家に帰ってくると、織っていた織物を断ち切ってきつく戒めたことで広く知られる」と説明。「孟母の教育理念や孟子の民本思想、調和思想は今日でも依然として大きな意義があり、今回のイベント開催は優れた伝統的な民族文化を発揚させる点で大きな役割を果たすだろう」と期待感を示した。

 同番組の責任者によると、同イベントの参加者を9月1日まで募集し、提出された感動的な賢母のストーリーを同番組で紹介、投票を実施する。その後、10月6日夜、現代版孟母10人を表彰する第1回授賞盛典を開催。同番組で10人が発表されると同時に、人気歌手の蒋大為や韓紅、閻維文、陳坤らがかけつけ、現代版孟母に歌を捧げる。(編集KN)

 「人民網日本語版」2012年8月20日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古