2012年8月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:31 Aug 24 2012

中国、台風14号・15号がダブル接近 災害の警戒強める

 中国国家洪水防止・干ばつ対策指揮部は22日、台風対策に向けたビデオ会議を開き、石垣島の南南西約220kmから西に向かっている台風14号(テンビン)と沖ノ鳥島近海から同じく西に向かっている15号(ボラヴェン)の今後の発達状況や予想される深刻な影響について分析・判断し、各種対策業務を手配。地区・市級の3級応急対策を同日午後4時に発令すると発表した。「人民日報」(海外版)が報じた。

 7月下旬から、西北太平洋で熱帯低気圧の活動が例年になく活発になり、ここ1カ月だけでも8号、9号、10号、11号、13号が次々に中国に上陸。20以上の省が影響を受けた。

 そして数日前、またしてもフィリピンの東海上で14号と15号が同時に発生。中国の東南の沿海に向かってゆっくりと進んでいる。そのため、台風対策が急務な情勢になっている。

 14号と15号は今後、互いに影響・作用しながら中国に向かい、暴風雨や高波が沿海地域を襲うと見られている。そのため、海に出る予定のある船舶や海上の養殖施設、海辺の各施設は警戒が必要。さらに14号と15号の影響は10日間以上続き、内陸部にまで到達して、10以上の省が影響を受けると見られている。

 これまでの台風の影響で、揚子江と黄河では水位がすでに高くなったり、100以上のダムが満水になったりし、土壌もぬかるんでいるため、今回の台風で強い雨が降ると、洪水や土砂崩れ、土石流などの2次災害が起こりやすい状態になっている。(編集KN)

 「人民網日本語版」2012年8月23日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古