2012年8月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:54 Aug 29 2012

環境保護部、大気品質・水質のモニタリング結果を発表

 中国環境保護部はこのほど、2012年上半期の環境保護重点都市環境大気品質状況、および重点流域の水環境品質状況を発表した。113の環境保護重点都市のうち、79都市の大気品質が2級基準に達し、全体の69.9%を占めた。33都市の大気品質は基準未達となり、全体の29.2%を占めた。全国地表水環境品質は全体的に「軽度の汚染」とされた。主な汚染指標は、化学的酸素要求量、りん含有量、アンモニア・窒素酸化物濃度。人民日報が伝えた。

 2012年上半期、全国113の環境保護重点都市の約700カ所の国家大気自動モニタリングスポットで、大気品質に対する定期的なモニタリングが実施された。現行の「環境大気品質基準」に基づき、二酸化硫黄、二酸化窒素、粒子状物質がモニタリングの対象となった。

 モニタリング結果によると、2012年上半期の113の環境保護重点都市における二酸化硫黄の平均濃度は1立方メートルあたり0.040mg(前年同期比9.1%減)、二酸化窒素は1立方メートルあたり0.036mg(2.7%減)、粒子状物質は1立方メートルあたり0.086mg (5.5%減)となった。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古