2012年8月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:29 Aug 31 2012

中国でまた飛行機脅迫事件、ZH便が緊急着陸

 深セン航空(ZH)は31日未明、中国版ツイッター「微博(ミニブログ)」で「30日夜10時29分(日本時間同11時29分)、ZH9706便が離陸した後、脅迫を受け、安全確保のため、同11時22分、近くの武漢天河国際空港(以下「武漢空港」)に緊急着陸した」と発表した。現在、公安部が調査を始めている。中国国営の通信社「中国新聞社」のウェブサイトが報じた。

 同事件を受け、武漢空港とZHは、旅客がホテルに泊まり、31日に振り替え便で深センに向かえるよう手配したという。

 湖北省の襄陽(じょうよう)劉集空港から深センに向かうZH9706便は、夜9時50分に離陸し、夜11時45分に深セン宝安国際空港に到着する予定だった。飛行機はエアバスA320型機。

 武漢空港は31日未明、ミニブログで「30日夜10時29分、襄陽から深センに向かうZH便は離陸後に匿名の脅迫電話を受け、夜11時22分、武漢空港に無事緊急着陸した」と公表した。

 同ミニブログによると、「ZH9706便はキャンセルされ、旅客や乗務員らは宿泊の手配などを受けた。武漢空港のほかの運行には影響は出ておらず、詳しい状況に関しては公安部が調査を進めている」。(編集KN)

 「人民網日本語版」2012年8月31日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古