2012年9月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:44 Sep 07 2012

「北京・上海周辺に公務用飛行場を」民航局

 中国民用航空局(民航局)の李家祥局長は4日、「2012年北京国際ビジネス航空展覧会」において、記者取材に対し、「民航局は、公務航空(公務での海外渡航に伴う航空機利用)の発展を促すための新措置を近く発表する。具体的には、北京や上海など大都市周辺に公務用飛行場を設けることなどが含まれ、現在は詳細を詰めている段階だ」と述べた。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 「2012年北京国際ビジネス航空展覧会」は4日に北京で開幕した。中国国内およびフランス・米国・スイスなどから、航空機の機内デザイン・メンテナンス、乗務員トレーニング、航空サービスなどに携わる企業約80社が出展している。

 李局長の談話の要旨は次の通り。

 中国にある民間航空機の台数は3100機、うちビジネス用を含む通用航空機は1100機を上回る。過去3年間では、公務用航空機の成長が最も著しく、2011年の成長率は28%と、旅客輸送機や貨物輸送機など他の航空機の成長スピードを上回った。中国民航業界の各企業は、絶えず構造調整に取り組んでおり、とりわけ公務航空に重点を置いている。今回の展覧会が、民用航空業の構造調整を後押しし、特に公務航空の発展をけん引する役割を果たすよう望んでいる。

 今後の公務航空の方向性に関し、公務航空は、一般の旅客輸送や貨物輸送と比べ、独特の条件を必要とする。具体的には、便利さ、スピード、スムーズさをより高く求められる。民航局は近く、公務航空の発展促進を目的とした新たな政策規定を発表する。長期的な発展を見据え、公務航空の発展ニーズや特徴に適用するため、北京や上海など大都市の周辺に公務用飛行場を設ける計画だ。

 新政策の具体的項目のひとつとして、現在、低空空域開発のための試行が進められている。これをはじめとする諸改革はいずれも、中国民航のさまざまな分野・レベルにおける中国民航のニーズを促進し、適応することを目指している。

 民航局は、公務航空の発展を支援するため、公務航空運営・サービス・飛行場施設・公務航空プロセスの改善に向けた産業政策の制定を進めている。(編集KM)

 「人民網日本語版」2012年9月6日


今時の大学新入生が入学前に準備する電子製品とは?

シースルーの下はヌード?モーターショーの過激衣装に非難

キム・ヨナ、海軍の制服でアイスショーに登場

広州にサッカースクール開校 スペイン・レアルが指導

近づく国慶節連休 海外でお金を落とす中国人観光客

蘇州のアーチ形高層ビル「股引みたい」 ネットできつい突っ込み

鉄道の夏季旅客輸送数、延べ3.6億超

深セン航空爆破脅迫事件の容疑者を拘束

「ショッピングに付き合う」が職業に

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古