2012年9月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:16 Sep 12 2012

中国、似たり寄ったりのドラマ業界に政府がメス

 北京市ラジオ・映画・テレビ局主催の「2012年秋季首都テレビ番組PR会」が10日、北京会議センターで開幕。中国国家ラジオ・映画・テレビ総局ドラマ管理司(局)の王衛平・副司長は開幕式で、「テレビドラマの制作量が過剰になっていることを懸念している」と指摘。「同局は来月、制作量を減らし、作品の質向上に力を注ぐよう、制作会社に求める」ことを明らかにした。北京のタブロイド紙「京華時報」が報じた。

 ▽「制作量は多いのに名作は少ない」10月にメス

 開幕式には、王副司長のほか、北京市同局の李春良・局長らが出席。首都ラジオ・テレビ制作業協会の尤小剛・会長によると、「今回の展示会には、制作機構200機構以上が、テレビドラマ430本以上、約1万5000話を展示。うち新しいドラマが全体の80%を占める340本以上。テレビ局(チャンネル)96社やインターネットメディア15社も参加している」。

 王副司長は「テレビドラマの制作量が過剰になっていることを懸念している」とし、「シーズンごとに開かれるPR会に、昨年1年分のテレビドラマ制作量に匹敵する1万5千話が出展されるというのは本当に気がかり」と指摘し、各業者に理性を保つようにと呼びかけた。

 さらに「テレビドラマ市場には感情的なものを題材にした作品の氾濫、題材の範囲が狭いという問題が存在している」と指摘。その原因として▽制作会社が市場の影響を受け、オリジナル性に欠けている▽テーマが大きい作品はデリケートな問題が関係することが多く、多くの制作会社が及び腰になる▽制作周期が短く、制作者がじっくり題材を練る時間が不十分-などを挙げた。

 そして「同総局は10月、中国電子制作業協会を立ち上げ、テレビドラマ制作会社には制作量を減らし、作品の質向上に力を注ぐよう求める」ことを明らかにした。

[1] [2]




今時の大学新入生が入学前に準備する電子製品とは?

シースルーの下はヌード?モーターショーの過激衣装に非難

キムヨナ、海軍の制服でアイスショーに登場

広州にサッカースクール開校 スペイン?レアルが指導

近づく国慶節連休 海外でお金を落とす中国人観光客

蘇州のアーチ形高層ビル「股引みたい」 ネットできつい突っ込み

鉄道の夏季旅客輸送数、延べ3.6億超

深セン航空爆破脅迫事件の容疑者を拘束

「ショッピングに付き合う」が職業に

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古