2012年10月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:30 Oct 12 2012

中国各省・直轄市の幸福感ランキング、遼寧省が1位

 北京大学が中荷人寿保険公司と共同発表した「中国都市部住民の幸福感に関する研究報告書」は、一般人にターゲットを絞り、全国20都市の住民の幸福に関する全体図を描き出した。どの都市の住民が最も幸せであるのか気になるところだが、「なぜ現代中国人は、これほど幸福に注目するのか」についても考えるべきだろう。幸福を求めるその裏側には、国民のどのような訴えがあるのだろうか。光明日報が伝えた。

 ◆4分の3が「幸福」と回答

 同報告書は全国の1・2・3・4線の計20都市を対象に、2000件を上回る回答を収集した。その結果、各省・直轄市の幸福感ランキングのうち、遼寧省が1位につけ、天津市が2位に、山東省が3位となった。遼寧省の住民は、未来の不確定性および社会保険によりもたらされる保障について、その他の地区の住民より楽観的だった。天津市の住民は年齢を問わず幸福だと感じており、幸福感の年齢差が最も小さい都市となった。北京市の住民は住宅コスト、物価水準、就職、社会発展に対する期待、社会保障の程度に関する評価が低く、幸福感の低い都市となった。上海市は他の都市とは異なり、男性の幸福感が全体的に女性を上回った。

 ランキングのうち、煙台市や丹東市等の中小都市が上位にランク・インした。性別を見ると、女性の幸福感が男性を上回った。一般人の収入と幸福感は正比例を成し、収入が多いほど幸福感が高いという結果になった。年齢別に見ると、45歳以下の幸福感は年長者を上回った。専門家は、「中年の世代は高齢者と子供を扶養する必要がある。この結果は世界の流れと一致している」と分析した。

 同調査は最終的に、「国民幸福指数」を導き出した。専門家は、「1−10ポイントの評価で、点数が高いほど幸せということだが、平均値は7.2ポイントとなった。4分の3、つまり大多数の人が幸せだと感じている計算だ」と説明した。

[1] [2]



北京警察、市民に「理性的な愛国行動」を呼びかけ

中国漁民、釣魚島付近での漁に意欲 政府も巡航準備

成都のパンダが双子出産 パンダ大使への応募急増

今時の大学新入生が入学前に準備する電子製品とは?

シースルーの下はヌード?モーターショーの過激衣装に非難

キムヨナ、海軍の制服でアイスショーに登場

広州にサッカースクール開校 スペイン?レアルが指導

近づく国慶節連休 海外でお金を落とす中国人観光客

蘇州のアーチ形高層ビル「股引みたい」 ネットできつい突っ込み



 

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古