2012年9月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:16 Sep 20 2012

麻雀がアルツハイマーの予防・治療に効果 香港研究チーム

 9月21日は「国際アルツハイマー病協会」(ADI)と世界保健機関(WHO)が共同で制定する「世界アルツハイマーデー」だ。中国には現在、アルツハイマー患者が世界の4分の1を占める500万人以上いる。さらに毎年平均30万人以上が新たに発症。心血管疾患や脳血管疾患、ガンに継いで多い、高齢者を襲う病気となっている。中国江蘇省の地元夕刊紙「楊子晩報」が報じた。

 香港の仁済病院と嶺南大学は2004年、共同でアルツハイマーの研究プロジェクトを実施。アルツハイマー患者100人を2つのグループに分け、一方のグループは1週間に4度、1度につき4回麻雀を行い、もう一方のグループは毎週2度だけ麻雀を行った。5カ月後、研究者らは患者の思考力や記憶力のテストを実施。すると、麻雀を1週間に4度行ったグループの患者の思考力や記憶力はいずれも1週間に2度しか行わなかったグループよりもはるかに高く、反応速度も速かった。麻雀がアルツハイマー患者に与える影響について医学研究が行われたのは世界で初めて。

 南京脳科病院の高齢者精神科の李海林・主任は取材に対して、「麻雀はアルツハイマーの予防や症状の進行を遅らせるのに効果がある。これは医学界でも認められていることで、アルツハイマーの予防・治療のガイドラインにも盛り込まれている地域さえある。ただ、注意しなければならないのは、『賭博』になってはいけないということ。お金が関係すると、過度に緊張したり興奮したりする可能性がある。さらに、時間に制限を設けなければならない」と指摘。ポイントとなるのは、体全体を動かすこと以外に、手の指をよく動かすことだ。そのため、梅剛・副主任は「ピアノを弾くもの、指をよく動かし、脳の機敏さを保つことができるため、アルツハイマーの予防になる」としている。(編集KN)

 「人民網日本語版」2012年9月20日


北京警察、市民に「理性的な愛国行動」を呼びかけ

中国漁民、釣魚島付近での漁に意欲 政府も巡航準備

成都のパンダが双子出産 パンダ大使への応募急増

今時の大学新入生が入学前に準備する電子製品とは?

シースルーの下はヌード?モーターショーの過激衣装に非難

キムヨナ、海軍の制服でアイスショーに登場

広州にサッカースクール開校 スペイン?レアルが指導

近づく国慶節連休 海外でお金を落とす中国人観光客

蘇州のアーチ形高層ビル「股引みたい」 ネットできつい突っ込み

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古