2012年9月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:06 Sep 23 2012

日本で数百人規模の反中デモ、暴力行為はなし

 日本の東京で22日、右翼団体の組織した数百人規模の反中デモがあった。負傷者や物的損害は出なかった。京華時報が伝えた。

 この右翼団体「頑張れ日本! 全国行動委員会」の指導者は田母神俊雄元航空幕僚長だ。組織者側は一般市民1200人がデモに参加したとしているが、中国新聞社の記者が見たところ、約600-700人で、1000人には程遠い様子だった。

 デモ隊は午後2時に在日本中国大使館近くの都立青山公園に集合。4グループに分かれて六本木の大通りをデモ行進し、午後5時頃に中国大使館前に到着した。日本の警察はデモ隊を規制。5人1組で順番に中国大使館前で大声で呼びかけることのみを許可した。

 中国大使館は休日で門はきつく閉ざされ、車の出入りもなかった。警官10人近くが門の前で守りを固めたほか、大使館周辺の各交差点にも警官が立ち並び、デモ隊を厳しく規制した。

 デモは午後7時ごろまで続いた。5時間のデモの間に暴力行為はなく、負傷者や物的損害も出なかった。現場で取材する日本メディアもわずかで、中国や欧米のメディアが多数を占めた。

 中国大使館側は中国新聞社の取材に、デモの件について日本側に緊急の申し入れを行い、中国大使館と中国系機関の安全を守るべく適切な措置を講じ、警備を強化するよう求めたことを明らかにした。

 「頑張れ日本! 全国行動委員会」は日本の極右民間団体で、2010年の中国人船長逮捕事件後も数回反中デモを組織した。今年6月10日には釣魚島(日本名・尖閣諸島)周辺海域で120人余りによる魚釣り大会も組織している。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年9月23日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古