2012年9月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:01 Sep 24 2012

CCTV、看板番組「新聞聯播」「焦点訪談」をリニューアル

【中日対訳】

 中国国営中央テレビ(CCTV)は、来年の新社屋移転を機に、報道番組から総合娯楽番組まで大掛かりな番組リニューアルを実施する。CCTV-1(総合チャンネル)では、10以上の新番組が顔を揃え、CCTV-9(英語ニュースチャンネル)でも、「新番組・新時間帯・新イメージ・新イベント」を合言葉に一新を図る。特に番組放映以来20年の報道番組「焦点訪談」の内容が一新され、ニュース番組「新聞聯播」もイメージががらりと変わるということで注目される。北京日報が伝えた。

 CCTVの統計データによると、2012年上半期、「新聞聯播」の全国総合視聴率は10.72%、市場シェアは33.48%にそれぞれ達し、全国トップ。CCTVは、2013年の「新聞聯播」では、「国家のスポークスマン」という新しい一面を打ち出すと同時に、国民生活や国際ニュースの報道にも引き続き力を入れる方針。中国社会への影響力が大きく、世論による深いレベルの監督番組「焦点訪談」も、2013年に全面リニューアルされる。突発的事件の報道に力を入れ、社会や国民生活に密着した番組の割合を増やし、各種技術を駆使することでバラエティー豊かな視聴効果をフルに発揮する。また、キャスターによる番組進行方式や放送スタジオのしつらえも新しくする。CCTVはこのほか、海外主要ニュースチャンネルについても改定に関する検討を進めており、新社屋の技術・管理設備を活用し、取材・制作から放送までの全プロセスやニュース番組の内容について全面的なアップグレードを実施、オール・リニューアルされた新しいニュース番組を放送する計画。これには、来年1月に予定されている「神舟十号」と月探査機「嫦娥三号」の打ち上げも含まれており、「何か大事件が起こったなら、CCTVを観よう」の実現を目指す。

 評判がすこぶる高かったCCTVドキュメントチャンネルのオリジナル番組「舌尖上的中国(舌で味わう中国)」は、すでにシリーズ第二弾の撮影準備が始まっており、グルメだけにとどまらず、衣食住や外出など、国民の日常生活におけるさまざまな要素にテーマを拡大する予定。また、CCTVは来年、「大秦帝国」や「推掌(つぼ押しマッサージ)」など約20本の大型ドラマを放送する。(編集KM)

 「人民網日本語版」2012年9月24日


北京警察、市民に「理性的な愛国行動」を呼びかけ

中国漁民、釣魚島付近での漁に意欲 政府も巡航準備

成都のパンダが双子出産 パンダ大使への応募急増

今時の大学新入生が入学前に準備する電子製品とは?

シースルーの下はヌード?モーターショーの過激衣装に非難

キムヨナ、海軍の制服でアイスショーに登場

広州にサッカースクール開校 スペインレアルが指導

近づく国慶節連休 海外でお金を落とす中国人観光客

蘇州のアーチ形高層ビル「股引みたい」 ネットできつい突っ込み

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古