2012年9月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:31 Sep 25 2012

中国、ネットで腐敗摘発広がる 「公平」求める庶民の声

 先月26日に陝西省延安市で起きた寝台バスとタンクローリーの事故現場を視察した際、笑顔を浮かべている写真がネット上に掲載されたことがきっかけで人々の反感を買い、官僚の給料では決して買えないような高級時計をいくつも持っていることがネットユーザーの手で暴かれた同省安全生産監督管理局の楊達才局長は21日、同職を解任された。専門家は「報道される事件を見て、官僚の所持品に疑いが向けられるのは、中国大陸部のネットユーザーが政治腐敗を監督しているということ」と指摘している。中国国営の通信社「中国新聞社」のウェブサイトが報じた。

 中国では近年、「草根ネットユーザー」と呼ばれる一般庶民がネット上で形成する世論は決して軽視できない力を持つようになり、ネット検索や中国版ツイッター「微博(ミニブログ)」などのルートを通して、情報の共有や伝達、取得などをリアルタイムで実施。即座に民意を表現したり、腐敗をバッシングしたり、社会のねじれた部分を暴露したりする点で、日に日に大きな役割を果たすようになっている。

 西北政法大学(陝西省)の侯学華・教授は取材に対して、「ネット上では、政治家や官僚の腐敗に反対する面で、全民性、自発性、リアルタイム性などの特徴が突出化している。さらに、国民が政治に対して高い関心を持っていることを表すようになっている。このネット上の『官僚たたき』をいかに法律に基づいたものにするかが、中国の政府にとっても、国民にとっても課題となっている」と指摘。

 「一般のネットユーザーは聞き取り調査を行う法的権利を有しておらず、ほとんどが『人肉捜索』(ネットユーザーが協力して人海戦術で個人情報を暴くこと)が頼りであるため、官僚のプライバシーが侵害されたり、しいては法律を犯したりするようにまでなっている。ネット上での『官僚たたき』は両刃の剣のようなもので、国民の素養がそれほど向上しておらず、法治意識が低いという状況下では、健全ではない動機や感情をはらむことがあり、その客観性や権威性は絶対的なものでは決してない」。

[1] [2] [3]




北京警察、市民に「理性的な愛国行動」を呼びかけ

中国漁民、釣魚島付近での漁に意欲 政府も巡航準備

成都のパンダが双子出産 パンダ大使への応募急増

今時の大学新入生が入学前に準備する電子製品とは?

シースルーの下はヌード?モーターショーの過激衣装に非難

キムヨナ、海軍の制服でアイスショーに登場

広州にサッカースクール開校 スペインレアルが指導

近づく国慶節連休 海外でお金を落とす中国人観光客

蘇州のアーチ形高層ビル「股引みたい」 ネットできつい突っ込み

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古