2012年9月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:41 Sep 25 2012

人の寿命には限界があるのか

 人類の平均予想寿命は世界的に毎年約3カ月ずつ延びており、若死にする人の割合が減少している。一方、人類の最長寿命に大きな伸びは見られない。もしかすると、人類はすでに最長寿命の極限に達してしまっているのかもしれない。これはもしかすると、人類繁栄の自然選択の過程で、150歳まで生きることができる遺伝子を残してこなかったことに起因するのかもしれない。生命時報が報じた。

 老年学研究組織のデータによると、人類史上最も長生きしたのは、フランスのジャンヌ・カルマンさんで、122年と164日間(1875年2月21日-1997年8月4日)生きた。しかし、出生証明から見ると、20世紀に最長寿命が12年延びたというのは、同期の平均寿命の伸び幅36年の3分の1にすぎない。

 ライフスタイルが継続的に改善され、長生きする高齢者が増加している。しかし、人類の寿命に存在するいわば「期限」の枠を超えることはできていない。科学者のほとんどが、人の体は年を取るにつれ老化するというのは、遺伝子が決定することではないが、老化を遅らせる修復メカニズムは遺伝子が決定するものと考えている。

 つまり、90歳や100歳まで生きる人の数に上限はないものの、多くの人が120歳までいきるというのは、もしかすると永遠に実現することはできないのかもしれない。さらに、遺伝子工学のサポートがなければ、例え皇帝であっても、150歳までいきることは極めて困難だ。(編集KN)

 「人民網日本語版」2012年9月25日


北京警察、市民に「理性的な愛国行動」を呼びかけ

中国漁民、釣魚島付近での漁に意欲 政府も巡航準備

成都のパンダが双子出産 パンダ大使への応募急増

今時の大学新入生が入学前に準備する電子製品とは?

シースルーの下はヌード?モーターショーの過激衣装に非難

キムヨナ、海軍の制服でアイスショーに登場

広州にサッカースクール開校 スペインレアルが指導

近づく国慶節連休 海外でお金を落とす中国人観光客

蘇州のアーチ形高層ビル「股引みたい」 ネットできつい突っ込み

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古