2012年9月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:10 Sep 29 2012

スッチー制服がマニアの憧れ、「しとやかさ」を象徴 日本

 日本では、ファッショナブルな制服に身を包んだキャビンアテンダント(CA)が「虹色のオーラをまとった天使」として持てはやされている。それだけではなく、「天使」の着用する制服もマニアの憧れだ。希少価値の高いものは絶版コミックのような人気ぶりで、大枚をはたいても入手は難しい。制服濫用によるイメージダウンを避けるため、日本の航空会社は制服にICチップを縫い付けるなど、支給制服の行方を厳しく管理している。こうした中、ネット上には模造品も出回っている。人民日報系の国際情報紙「環球時報」が伝えた。

 ▽制服マニアはやっぱり「CA」

 世界を席巻する「制服ブーム」の発信地・日本では、ナースルック、ポリスルック、OLルックなどさまざまな女性職の制服に無数のマニアがいる。しかし「CAルック」はダントツの人気だ。ある意味、CAの制服は日本の航空業界の歴史が色濃く反映されており、「景気の良かった時代」に対する懐かしさを含んでいる。旅客機の利用が当たり前のビジネスパーソンにとって、CAの制服は性的な魅力だけでなく、家庭的な「温かさ」も併せ持つ。CAは日本女性の「しとやかさ」を象徴している、と感じる日本人男性は少なくない。ある日本の社会学者は、男性がさまざまな女性の制服に憧れを抱くのは、アダルトビデオ(AV)文化の延長というだけでなく、女性を支配したいという伝統的な男性社会心理の現れだ、と指摘する。多様な制服のなかでも、CAの制服はデザインが秀逸で、「高嶺の花」のゆえにマニアの憧れとなっている。

 第二次大戦から60年間で、日本航空、全日空のCAの制服は9回変わっているが、欧米で名高い三宅一生氏や皇室御用デザイナーを務めた芦田淳氏、森英惠氏など日本の著名デザイナーが手がけた作品も多い。いずれも日本ファッション界をリードしたデザイナーだ。両社は「CAルック人気」を存分に生かしショーを開催、ファンを引き付ける格好のPRとなっている。今年7月、「破産再生」中の日本航空は東証への再上場を申請するため、歴代CA・地上職の制服ファッションショーを開催し、熱い話題を呼んだ。(編集HT)

 「人民網日本語版」2012年9月29日


バイオハザードV、李氷氷がエイダウォン役を出演

朝鮮中央放送を訪問

京劇風ビキニがネット上で物議

北京警察、市民に「理性的な愛国行動」を呼びかけ

中国漁民、釣魚島付近での漁に意欲 政府も巡航準備

成都のパンダが双子出産 パンダ大使への応募急増

今時の大学新入生が入学前に準備する電子製品とは?

シースルーの下はヌード?モーターショーの過激衣装に非難

キムヨナ、海軍の制服でアイスショーに登場

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古