2012年10月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:19 Oct 09 2012

中国、北京と天津の黄砂対策に追加投資

 中国国家発展改革委員会は北京、天津とその周辺地域で発生する黄砂被害を減らすため、来年から10年間にわたって、黄砂の発生源の環境を整備する第2期プロジェクトを実施することを明らかにした。このプロジェクトのために877億元(約1兆円)を拠出する予定である。

 プロジェクトの実施対象地域には北京、天津、河北、山西、内蒙古、陝西の6つの省、市、自治区の138の県が含まれている。2022年までに、第1期プロジェクトの成果を基礎に、整備可能な砂地を整え砂地の拡大を防止し、生態系環境の改善を目指す。また北京、天津および華北地域の北部に「緑の壁」を全面的に構築し、黄砂の発生と被害を減らすことを目標としている。

 なお第1期プロジェクトは2000年に始まり、これまでの10年間に412億元(約5000億円)の資金を投入し、黄砂対策に効果をあげている。

 中国国際放送局日本語版より 2012年10月9日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古