2012年10月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:23 Oct 16 2012

上野のパンダ赤ちゃん死亡 前旭山動物園長「動物園に責任」

 今年7月11日に東京上野動物園から発せられた訃報を、皆さんは覚えているだろうか?中国からやって来たジャイアントパンダ「シンシン(真真)」が同月5日に出産したパンダの赤ちゃんが、「誤嚥性肺炎(母乳が気管支に入ったことで起こる肺炎)」が原因で、11日に死亡した。日本の各新聞はこぞって号外を発行、テレビは臨時ニュースを流した。日本の多くの「パンダファン」が上野動物園にどっと押し寄せ、特設献花台に花を捧げ、合掌し、悲しみの涙を流した。日本新華僑報網が伝えた。

 赤ちゃんパンダが死亡した時期はちょうど、中日両国で釣魚島(日本名:尖閣諸島)問題に火がついた頃だった。東京都の石原慎太郎知事は、パンダの赤ちゃん誕生について、「全然興味ない。どうせ中国に返すのだから、『センセン』とか『カクカク』って名前をつけたら」とコメントした。この発言をめぐり、両国のネットユーザの間で議論が白熱、日本人が生まれたばかりのパンダの赤ちゃんをわざと「殺した」という声まで上がった。

 しかし、テレビの画面に登場した上野動物園の土居利光園長は、メディアの記者陣を前に深々とお辞儀をして深い遺憾の意を示し、何度か涙で言葉を詰まらせた。ハンカチで涙を拭いながら、パンダの赤ちゃんの死因は「誤嚥性肺炎」だったと説明、短い間だったが、けなげに生きてくれたと話した。しかし、北海道旭川市にある旭山動物園の小菅正夫・前園長は、死因について別の見方を示している。

 小菅氏は、日本のメディア取材に対し、次の通り語った。

 「パンダの赤ちゃんの死を、このように曖昧な理由で片付けてはならない。上野動物園の園長は、記者会見で涙を流す暇があるのなら、死因の真相をとことん究明すべきだ。これほどまでに人気があり、絶滅が心配されている希少動物が上野動物園で死亡するとは、本当に悲しいことだ。死因の真相を解明しない限り、今後も同じような事が起こり得るだろう」

[1] [2]




かわいすぎると評判の金城武の姪Uが日本デビュー

「日本関連の抗議デモ」で車を破壊された人に新車提供

京珠高速道路で22台の追突事故

チャイナオープン、成功裏に閉幕

CCTV女性キャスターは才色兼備揃い

日本人男性が福州駅でホームレス生活

故宮博物院に過去最高の18万2000人

香港のラマ島沖で船舶衝突事故

ニューメディアが中国社会の成長を促す新たな力に

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古