2012年10月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:29 Oct 17 2012

24時間飢餓体験、糧食局が食堂を閉鎖

 今日は食事抜きだ--ネットユーザーらは16日、ミニブログを通じて自らの「飢餓プラン」を発表した。糧食の節約をPRするため、中国国家糧食局は16日、全国の糧食関連部門の幹部・職員を対象に、「24時間飢餓体験活動」への自主参加を呼びかけた。これを受け、中国国家糧食局の食堂も昨日、一日営業停止となった。北京日報が伝えた。

 昨日(10月16日)は、世界食糧デーだ。公式データによると、世界では現在も9億人以上が飢餓に瀕している。中国国家糧食局は「24時間飢餓活動」により、糧食危機を体験するよう呼びかけた。中国国家糧食局の関係者は、「これは自主参加の活動であり、飢餓体験は形式に過ぎない。糧食関連部門の幹部・職員の職業精神を高め、社会の人々の糧食節約に対する意欲を刺激することが目的だ」と説明した。

 昼の12時、平日は大勢の職員が押しかける中国国家糧食局の食堂が閉鎖された。職員によると、同活動に合わせ、食堂が昨日に限り営業を停止したという。同活動は昨日24時をもって終了された。

 昨日、多くの市民が積極的に活動に参加した。あるネットユーザーは朝から絶食を宣言し、「一日食べなかったところでなんてことはない、節約できるだけ節約しよう」と語った。同活動は、四川省、安徽省、湖南省等の糧食局でも実施された。医学専門家は、「24時間の飢餓体験は、健康な人の多くにとって大きな問題はない。しかし低血糖症の場合は参加を控えるべきだ」と指摘した。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年10月17日


かわいすぎると評判の金城武の姪Uが日本デビュー

「日本関連の抗議デモ」で車を破壊された人に新車提供

京珠高速道路で22台の追突事故

チャイナオープン、成功裏に閉幕

CCTV女性キャスターは才色兼備揃い

日本人男性が福州駅でホームレス生活

故宮博物院に過去最高の18万2000人

香港のラマ島沖で船舶衝突事故

ニューメディアが中国社会の成長を促す新たな力に

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古