2012年10月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:21 Oct 18 2012

貧困軽減・発展トップフォーラム、北京で開催

【中日対訳】

 「第20回世界貧困軽減デー、貧困軽減・発展トップフォーラム」が17日、北京で開催された。中国共産党中央政治局委員、国務院貧困扶助開発指導チーム主任を務める国務院の回良玉副総理が開幕式に出席、政府を代表してあいさつの言葉を述べた。人民日報が伝えた。

 回副総理は「収容力の大きな発展を実現し、経済成長の成果が公平に得られるような発展チャンスを貧困層に提供することは、中国政府が強く追い求めている発展目標である」と強調。さらに、「『中国農村貧困扶助開発綱要(2011-2020年)』の実施を遂行し、広域特殊困難地区を貧困扶助の主要対象エリアとして資金・政策両面での支援を強化し、衣食満ち足りた生活を確実に保障し、貧困からの脱出と豊かさの確保および生活環境の改善を加速し、発展能力を高め、発展格差を縮小し、貧困地域における経済社会の実態を一日も早く改変する必要がある」と続けた。

 また、回副総理は「中国政府は、この10年近く、科学的発展観が求める条件にのっとり、人間本位の原則を堅持し、全面的に調和の取れた持続可能な発展を一層重視し、統一的計画と各方面への配慮をともにより重視し、国民生活の保障・改善にさらに力を入れ、貧困軽減に向けた一連の重大措置を講じてきた。貧困地域と貧困層にとって有益な発展環境を創造し、より多くの発展チャンスを生み出した」と指摘した。

 「収容力の高い発展と貧困軽減」をテーマとした今回のフォーラムは、中国国務院貧困扶助弁公室と国連駐中国事務所担当部門が共同で開催した。開幕式では、国連の潘基文・事務総長があいさつの言葉を述べた。党中央・国家機関関連部門担当者、国連関連機関上層部、関連国家の政府担当者、世界的に有名な専門家、社会団体代表なども出席した。(編集KM)

 「人民網日本語版」2012年10月18日


台湾歌手が日本製カメラ話題にしてブログ炎上

安徽省と北京を4時間で結ぶ高速鉄道が開通

昔懐かしい北京の路線バスを振り返る

かわいすぎると評判の金城武の姪Uが日本デビュー

「日本関連の抗議デモ」で車を破壊された人に新車提供

京珠高速道路で22台の追突事故

チャイナオープン、成功裏に閉幕

CCTV女性キャスターは才色兼備揃い

日本人男性が福州駅でホームレス生活

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古