2012年10月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:39 Oct 22 2012

生活に不安を感じない最低月収 北京9千元 (2)

 ▽冷静派の考え方 「幸せの生活の決め手となるのは、収入の多少だけではない」

 人々が生活苦を怖れる原因を月給だけに求めるのは、あまりにも安易な考え方だ。実際は、誰であれ、生活の満足が得られるかどうかは、自分が抱く期待によるところが大きい。

 今後の生活に対する期待について、「家族の健康」「リラックスして落ち着いた精神状態」「子供が親孝行であること」などさまざまな答えが返ってきた。「月給」はその中の一つに過ぎない。

 「涛涛」さんは、「私の月収は2千元(約2万5400円)ほどだが、まずまずの生活を送っている。必要なものは全て持っている」と話す。「お金はいくら求めても、これで満足というゴールはなく、限りがない」というのが彼の考え方だ。よって、少ない収入でも上手く使ってやりくりすれば、皆が怖れるような状況に陥ることはあり得ないという。「笑対未来」さんは、月収わずか1800元(2万2800円)だが、自分自身とても楽しい生活を送っていると話す。「生活苦を過度に怖れるのは、自分自身に何かを無理強いしているからだ。もっと気軽に考えた方が良い。いずれ能力がアップすれば、その時には、それに見合う収入が入ってくる」。彼は、年末に1万元(約12万6800円)のボーナスが出るのを楽しみにしている。そのボーナスで、経済的に困難な学生を支援する計画という。彼の生活信条は、「楽しく、笑顔を絶やさず、精一杯毎日を生きること」だ。

 「各都市で、どのくらいの月収があれば生活に不安を感じないか」に関する調査の結果、「ゆとりある生活」のための最低ラインは、上海9250元(約11万7300円)、深セン8780元(約11万1300円)、北京8550元(約10万8400円)、広州7750元(約9万8300円)、温州8020元(約10万1700円)、杭州7880元(約9万9900円)、蘇州7320元(約9万2800円)、厦門(アモイ)6600元(約8万3700円)、青島6260元(約7万9400円)、南京5980元(約7万5800円)、成都5660元(約7万1800円)、天津5350元(約6万7800円)、大連の5000元(約6万3400円)だった。(編集KM)

 「人民網日本語版」2012年10月22日

[1] [2]




台湾歌手が日本製カメラ話題にしてブログ炎上

安徽省と北京を4時間で結ぶ高速鉄道が開通

昔懐かしい北京の路線バスを振り返る

かわいすぎると評判の金城武の姪Uが日本デビュー

「日本関連の抗議デモ」で車を破壊された人に新車提供

京珠高速道路で22台の追突事故

チャイナオープン、成功裏に閉幕

CCTV女性キャスターは才色兼備揃い

日本人男性が福州駅でホームレス生活

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古