2012年10月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:06 Oct 25 2012

何もかも主権問題に結びつけてはならない

 国家主権は神聖不可侵だ。しかし一方で、主権や領土問題とは全く関係ない事もある、ということを理解しなければならない。例えば人の命もそうだ。中国青年報が報じた。

 中日関係が季節と共に「冷え込む」中、喜ばしいニュースが日本から伝わってきた。沖縄県那覇市にある第11管区海上保安本部は21日、大型貨物船「MING YANG」号が 沖縄本島の南東約150キロメートルの海域で炎上しているとの連絡を受け、ただちに巡視船を救助に向かわせ、中国人乗組員64人全員を救出した。このニュースが伝わると、中国のネット上でも称賛の声があがり、「生命の意義は国境を越える」、「日本人が中国人乗組員を救助したことに感謝する」等のコメントが多数寄せられた。

 我々は中国人乗組員が助かったことを喜び、日本海上保安庁による救助を称賛する。しかし、私はこの事件に他の何か特別な意義を持たせたくはない。貨物船が転覆し、乗組員の命が危機にさらされた瞬間、能力のある国や組織ならば、必ず救いの手を伸ばすだろう。国際海難救助連盟(IMRF)の宗旨の冒頭は「世界の海難から人命を守る」だ。したがって、日本の海上保安庁は能力の範囲でするべきことをしたのであり、同じ状況が起これば、中国人も放っておくことはないだろう。これも全て、「人命は何よりも重要」という最大の共通認識があるからだ。ただしこの共通認識は「誰もが知っている」というわけではない。少なくともネット上には偏った見方の無知な輩が大勢居るようだ。

 中国のネット上をよく見ると、日本による乗組員救助について、メディアの言うように称賛のコメントばかり、というわけではない。少なくとも私が見た限りでは、多くの「奇妙なコメント」がネット上にはびこっている。例えばあるネットユーザーは「なぜこの肝心な時期に中国の貨物船が沖縄で突然火災を起こし、日本の海上保安庁が真っ先にあれだけ多くの船員を助けたのか?」と疑問を呈した。またある人は「これは絶対に陰謀だ。小日本には下心があるに決まっている」と断言、さらには「溺死しても日本人に救ってもらうべきではない」、「乗組員は溺死しなかったどころか日本人に救われた。64人の売国奴だ」などとする極端な意見まで見られた。陰謀論が根拠に欠けるのはもちろんのこと、人の命に対して冷酷で、人類にあるべき共通の価値に背くようなコメントには思わずぞっとする。

[1] [2]




台湾歌手が日本製カメラ話題にしてブログ炎上

安徽省と北京を4時間で結ぶ高速鉄道が開通

昔懐かしい北京の路線バスを振り返る

かわいすぎると評判の金城武の姪Uが日本デビュー

「日本関連の抗議デモ」で車を破壊された人に新車提供

京珠高速道路で22台の追突事故

チャイナオープン、成功裏に閉幕

CCTV女性キャスターは才色兼備揃い

日本人男性が福州駅でホームレス生活

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:1

   

最新コメント
「日中は争ってはならない。協力すべき。」   2012-10-24202.32.14.*
 『主権問題は我々を全世界から守ってくれるファイヤーウォールではない。理性と法治が無ければ、文明と価値から出発できなければ、愛国主義は方向性を失い、全面的な見方ができなくなり、仕舞には他人に利用される道具になってしまう。』 楊耕身氏のおっしゃるとおりである。日中は決して、争ってはならないが、最悪、不幸にして衝突が起きたとしても、主義主張、国籍にかかわらず、文明を持つ人間として最低限の共通の価値観は必要である。 それがなければ、両国は永遠に憎しみあうことになってしまう。両国民にとってこんな不幸なことはない。両国とも国内情勢は予断を許さないが、貴国内でも氏のように、冷静に理性をもって、対応できる意見の増すことを切に願っている。同時に、日本もそれなりの対応が必要なことも十分承知している。
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古