2012年10月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:06 Oct 25 2012

何もかも主権問題に結びつけてはならない (2)

 確かに、一部のネットユーザーの行き過ぎたコメントの裏に、釣魚島(日本名・尖閣諸島)の主権争いがあるのは事実だ。「朝日新聞」も21日、「海上保安庁が中国人を救助した日にも、中国の海洋監視船4隻はやはり尖閣諸島海域を巡航していた」と意味深な報じ方をした。しかし、領土争いや両国関係の現状は、「人の命」まで無視しても良いことだろうか?

 少し前に中国であった「日本関連の抗議デモ」で、人に暴力をふるい、車を破壊した人が皆「愛国」を掲げていたのと同じように、日本人に救われた中国人を非難する一部のネットユーザーも「愛国」を掲げている。でも、国民を愛せずにどうして国を愛せようか?同胞の命が救われたことと、領土主権を守ることは、一緒くたに論じられる事だろうか?

 何もかも主権問題に結びつけてはならない。愛国主義は何でも投げ込んでいいカゴではない。確かに、中日関係が悪化する今、愛国心をどう表現するべきか分からない人もいるだろう。例えば少し前、テニス選手の李娜が東京で行われる東レ・パンパシフィック・オープンに出場することが決まった際、「売国奴」と罵られた。東京国際映画祭の開幕2日前には、中国映画として唯一コンペティション部門に参加する予定だった「風水(万箭穿心)」が、釣魚島問題が中国人の感情を傷つけたとして出品を取りやめた。しかし同作の芸術顧問だった著名映画監督の謝飛氏はこの発表に強い不満を表し、「これは完全に愛国の名を語った宣伝行為。同胞の車を壊すのと同じ過激な行為であり、理性の面からも法的な面からもやってはならないこと」と訴えた。

 主権問題は我々を全世界から守ってくれるファイヤーウォールではない。理性と法治が無ければ、文明と価値から出発できなければ、愛国主義は方向性を失い、全面的な見方ができなくなり、仕舞には他人に利用される道具になってしまう。(作者 楊耕身/編集SN)

 「人民網日本語版」2012年10月24日

[1] [2]




台湾歌手が日本製カメラ話題にしてブログ炎上

安徽省と北京を4時間で結ぶ高速鉄道が開通

昔懐かしい北京の路線バスを振り返る

かわいすぎると評判の金城武の姪Uが日本デビュー

「日本関連の抗議デモ」で車を破壊された人に新車提供

京珠高速道路で22台の追突事故

チャイナオープン、成功裏に閉幕

CCTV女性キャスターは才色兼備揃い

日本人男性が福州駅でホームレス生活

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:1

   

最新コメント
「日中は争ってはならない。協力すべき。」   2012-10-24202.32.14.*
 『主権問題は我々を全世界から守ってくれるファイヤーウォールではない。理性と法治が無ければ、文明と価値から出発できなければ、愛国主義は方向性を失い、全面的な見方ができなくなり、仕舞には他人に利用される道具になってしまう。』 楊耕身氏のおっしゃるとおりである。日中は決して、争ってはならないが、最悪、不幸にして衝突が起きたとしても、主義主張、国籍にかかわらず、文明を持つ人間として最低限の共通の価値観は必要である。 それがなければ、両国は永遠に憎しみあうことになってしまう。両国民にとってこんな不幸なことはない。両国とも国内情勢は予断を許さないが、貴国内でも氏のように、冷静に理性をもって、対応できる意見の増すことを切に願っている。同時に、日本もそれなりの対応が必要なことも十分承知している。
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古