2012年10月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:28 Oct 25 2012

中国、官僚の「腐敗たたき」に一役買うミニブログ メリットとデメリット (3)

 実際には、国民の声というのは不確かな力で、プラスのエネルギーになることもあれば、マイナスのエネルギーになることもある。そのため、ミニブログが果たすプラスの役割を活用すると同時に、危険な一面もあるということを決して忘れてはならない。

 沈主任の腐敗に話を戻すと、16万1千元というのは決して小さな額ではない。県級市の公証処の主任がどうやってそんなお金を簡単に手に入れることができたのか、それが不思議だ。沈主任の年収は80万元(960万円)以上で、公金からギフト購入のために支出している金額も1年で60万元(約720万円)に上る。これほどあからさまな腐敗をどうしてこれまで誰も問題にしなかったのか。どうして公の場でカニを食べて初めて腐敗が明るみになったのか。疑問が残る。

 官僚の腐敗を暴くのに登場したミニブログは今や正義のヒーローとなっているが、これまで存在した一連の問題を覆い隠してしまうのかもしれない。(編集KN)

 「人民網日本語版」2012年10月25日

[1] [2] [3]




台湾歌手が日本製カメラ話題にしてブログ炎上

安徽省と北京を4時間で結ぶ高速鉄道が開通

昔懐かしい北京の路線バスを振り返る

かわいすぎると評判の金城武の姪Uが日本デビュー

「日本関連の抗議デモ」で車を破壊された人に新車提供

京珠高速道路で22台の追突事故

チャイナオープン、成功裏に閉幕

CCTV女性キャスターは才色兼備揃い

日本人男性が福州駅でホームレス生活

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古