2012年10月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:21 Oct 26 2012

手指を動かせば老化防止に役立つ

 楽器、エクササイズ用品、そろばんなどを使って手指を動かすことは、脳を刺激し、老化防止に大いに役立つ。西寧晩報が伝えた。

 ▽楽器演奏

 高齢者が日常的にピアノを弾けば、手・目・脳が連動して働き、大脳の活性化につながる。中高年の人々が、ピアノ、電子ピアノ、アコーディオン、二胡、笛など各種楽器を演奏することは、脳の老化防止に非常に効果的だ。

 ▽ボール遊び

 ハンド・エクササイズ・ボールは、掌にある多くのツボをマッサージし、内臓機能の強化に極めて効果が高い。

 ▽輪ゴム遊び

 人差し指と中指に、「8の字」にした輪ゴムをひっかける。それから、親指で輪ゴムを薬指に移す。輪ゴムの「8の字」は崩さない。小指までいったら、また戻ってくる。この輪ゴム遊びは、大脳を良く刺激する。

 ▽ハンドグリップ

 ハンドグリップは、手の筋肉を鍛え、関節を柔軟にする効果があるだけではなく、5本の指でしっかり握ることで、器具の無数の突起が手のツボを刺激し、脳の血行促進に効果がある。大脳の疲労を取り除き、思考力アップも期待できる。

 ▽そろばん

 そろばんは、脳と知力のトレーニングに効果的な道具だ。指を良く鍛え、大脳への刺激にもなる。その効果はコンピューターをはるかにしのぐ。(編集KM)

 「人民網日本語版」2012年10月26日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

中国のゲーマーが懐かしのファミコンソフトを投稿

五輪バト金メダリスト林丹「軍等級が1年で4階級アップ」はデマ

118歳の武術家呂紫剣氏が死去

台湾歌手が日本製カメラ話題にしてブログ炎上

安徽省と北京を4時間で結ぶ高速鉄道が開通

昔懐かしい北京の路線バスを振り返る

かわいすぎると評判の金城武の姪Uが日本デビュー

「日本関連の抗議デモ」で車を破壊された人に新車提供

京珠高速道路で22台の追突事故