2012年10月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:24 Oct 26 2012

中国の飲食店、従業員に「うっぷん晴らし部屋」 店長の顔写真殴る

 仕事で嫌なことがあったら「うっぷん晴らしルーム」へ行って、店長の顔写真が張られたクッションを殴ってストレスを解消する-----。湖南省長沙市内のレストラン店長、周軍さんは従業員向けにこんなユニークなたストレス解消法を考案した。湖南省の朝刊紙「瀟湘晨報」が報じた。

 「うっぷん晴らしルーム」を何度か利用したことがあるという同レストランで働く劉さんは「以前、お客さんが蒸し料理を注文して、『蒸し料理は少し時間がかかる』と言っておいたのに、『晩すぎる』と罵られた。でも、“店長”を殴ったらすっきりした」と語る。

 何群群・心理学専門家によると、「『うっぷん晴らしルーム』のように、実際の生活の状況を見たてて、『敵』を設定し、うっぷん晴らしをすると、うっぷん晴らしの副作用を合理的な範囲に抑えることができる。そして、不満を解消すると同時に、社会に危害をもたらすことを避けられる」。一方、同省の第二人民病院心理衛生センターの張宏耕・主任は「何かを殴ってうっぷんを晴らすというのは応急的な方法にすぎず、『患者』の症状が深刻な場合、他の人との誠意ある交流や意思の疎通を図って初めて、苦い感情を根本的に解消、調整できる」と指摘している。(編集KN)

 「人民網日本語版」2012年10月26日


台湾歌手が日本製カメラ話題にしてブログ炎上

安徽省と北京を4時間で結ぶ高速鉄道が開通

昔懐かしい北京の路線バスを振り返る

かわいすぎると評判の金城武の姪Uが日本デビュー

「日本関連の抗議デモ」で車を破壊された人に新車提供

京珠高速道路で22台の追突事故

チャイナオープン、成功裏に閉幕

CCTV女性キャスターは才色兼備揃い

日本人男性が福州駅でホームレス生活

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古