2012年10月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:19 Oct 29 2012

中国人 赤信号で待てる限界は「90秒」 (3)

対策:赤信号の集団横断 最初に渡った3人処罰へ 石家荘

評論:「赤信号みんなで渡れば怖くない」 中国式道路横断を再考

 ▽中国人歩行者は「我慢族」

 課題チームは、このテーマについて、諸外国との比較研究も行った。その結果、中国人は忍耐強い「我慢族」の部類に入るという事実が明らかになった。たとえば、赤信号で「待てる時間の限界」は、ドイツ人が60秒、英国人がさらに短く45秒だった。

 倪穎博士は、「中国の交通信号設備は、自動車優先の仕様になっている。これでは、歩行者が交通ルールを破るのは致し方ない」と指摘した。

 杭州市街地の交通量の多い交差点では、歩行者が赤信号で待つ時間が100秒を超える所が多かった。なかには、145秒も待たなければならない信号もあった。このような場所では、歩行者が赤信号を無視して横断する場面がかなり多く見られ、特に通勤ピークの時間帯は顕著だった。

 あるサラリーマンは、「歩行者だって急いでいる。こんなに多くの信号で、赤信号に引っかかるたびに大人しく待っていたら、間違いなく会社に遅刻してしまう」と、赤信号でも横断する理由を述べた。

 倪穎博士は、「『中国式道路横断』の背後には、歩行者と自動車の権益問題が潜んでいる」と指摘。その上で、「弱者の立場にある歩行者は、権益を十分に保障されなければならない。長い赤信号の待ち時間をより合理的にすること、歩行者が自分の身の安全をより確実に保障すること、交通ルールをより良く守ること、などの必要性について、多方面が協力して解決していかなければならない」と続けた。(編集KM)

 「人民網日本語版」2012年10月29日

[1] [2] [3]




台湾歌手が日本製カメラ話題にしてブログ炎上

安徽省と北京を4時間で結ぶ高速鉄道が開通

昔懐かしい北京の路線バスを振り返る

かわいすぎると評判の金城武の姪Uが日本デビュー

「日本関連の抗議デモ」で車を破壊された人に新車提供

京珠高速道路で22台の追突事故

チャイナオープン、成功裏に閉幕

CCTV女性キャスターは才色兼備揃い

日本人男性が福州駅でホームレス生活

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古