2012年10月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:28 Oct 29 2012

中国、児童虐待の刑事責任を求める声高まる

事件:浙江省の女性教師の児童虐待の映像が争議に

 中国浙江省温嶺市の幼稚園で、女性教師が園児の耳をつまんでつり上げる様子をほかの教師が撮影。最近、その動画がネットにアップされ「虐待だ」と批判が高まっている。近年、中国では幼稚園の教師が園児を虐待する事件が頻発しており、法律界の関係者は「中国は刑法に、独立した児童虐待罪の罪名を増設し、児童虐待罪の適用範囲を広めるようにしなければならない」と指摘。「死傷者が出るに至っていないものの、悪質な児童虐待行為を犯罪とするように」と呼びかけている。中国のタブロイド紙「新京報」が報じた。

 ▽これまでは刑法罪名の代わりに行政処罰で対応

 中国の「中華人民共和国憲法」や「中華人民共和国義務教育法」、「中華人民共和国未成年人保護法」などにも児童虐待を禁止する規定が数多くある。ただ、どのような行為を「児童虐待」と定めるかに関する基準がはっきりせず、その境界を理解していない人が多いため、児童をからかったり、侮辱したり、ないがしろにしたりすることを「虐待」と見なす人は少ないのが現実だ。

 中国予防青少年犯罪研究会の常務理事を務める姚建龍・上海市未成年人法研究会会長は「現在、中国の刑法の中には独立した児童虐待罪の罪名がない。児童虐待行為が死傷者を出すまでに至らなかった場合、たとえその行為が悪質であっても、現行の刑法では刑事責任を追及するのは難しい。過去の同様の事件で、司法機関は刑法罪名の代わりに行政処罰で対応していた。例えば、10月に山西省太原市の幼稚園で、女性教師が園児らに対し30分間に120発ものびんたを行うなどの体罰をしていた事件では、15日間の行政勾留の処置がとられた」と指摘している。

[1] [2]




台湾歌手が日本製カメラ話題にしてブログ炎上

安徽省と北京を4時間で結ぶ高速鉄道が開通

昔懐かしい北京の路線バスを振り返る

かわいすぎると評判の金城武の姪Uが日本デビュー

「日本関連の抗議デモ」で車を破壊された人に新車提供

京珠高速道路で22台の追突事故

チャイナオープン、成功裏に閉幕

CCTV女性キャスターは才色兼備揃い

日本人男性が福州駅でホームレス生活

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古