2012年10月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:35 Oct 31 2012

中国の国費留学生 98%が帰国を選択

 国家留学基金管理委員会は、30日に杭州で開かれた国費留学選抜業務会議で、「国費留学業務は過去5年間に渡り、帰国後の貢献および国家への貢献を結びつけてきた。国費留学生が期限通りに帰国した比率は、全体の98%に達した」と発表した。人民日報海外版が伝えた。

 同委員会は、「国費留学は、中国のハイレベル人材および不足した専門的人材を育成し、自主イノベーション能力を高め、国家のソフトパワーを強化し、世界的な影響力を拡大するための重要な手段となっている。国費留学は、国の科学教育興国、人材強国戦略の実施と結びつくことで、国のイノベーション人材育成システムの改善、人材戦略の形成に対して重要な役割を果たした」と表明した。

 過去5年間に渡り、国家公費留学業務に新たな発展があった。規模を見ると、年間の派遣人数は2006年の時点では7500人であったが、2012年には2倍以上の1万6000人に達した。また、現在2万4000人以上が留学中だ。

 業務範囲を見ると、2007年前は主に客員研究員を派遣していたが、これを高級研究員・客員研究員・博士研究員の派遣まで拡大し、博士・修士の共同育成、本科生の交換留学や短期研修生の派遣を実施した。これにより、派遣される人材の構造が合理化に向かっている。また国内の各業界から留学生を募り、社会の各領域に利益をもたらしている。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年10月31日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古