2012年11月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:38 Nov 01 2012

中国、大学院入試に180万人申し込み 倍率3.3倍

 中国の2013年度大学院修士課程入試のオンライン募集が10月31日午後10時に締め切られた。今年の受験者数は過去最高の約180万人規模になる見込みだ。中国国営の通信社「中国新聞社」のウェブサイトが報じた。

 統計データによると、中国の大学院入試の受験者数は2012年度が前年比9.6%増の165万6千人になるなど8年連続で100万人を超え、増加幅は3年連続で10万人以上に。2013年度も過去最高数となることが確実視されている。

 大学院入試の受験対策クラスなどを提供する「海天教育集団」(本社・北京)の首席で、大学などの動向を分析する専門家・呉睿氏は取材に対して、「中国全土のデータ分析からして、今年の大学院入試の受験者は約180万人になるだろう」と予測している。

 中国で大学院生試験がさらに重視されるようになっていることは、ネット上で各受験対策クラスなどが受験生の取り合いをする「経済戦争」や受験生が勉強するために朝早くから図書館にならび、席の取り合いをする「椅子取り戦争」などが話題となっていることからも分かる。北京大学や中国人民大学、中国農業大学など北京の大学の図書館や自習室を取材に訪れてみると、勉強中の学生であふれ、そのうちの多くが大学院生試験を受験する学生だった。

 中国青年政治学院(北京)の呉さんや中国農業大学の孫さんはいずれも今年大学を卒業し、大学院入試を受ける予定で、「周りにも受験する学生がたくさんいる。クラスの半分近くが受験生」と語った。

 今年、倍率がさらに高くなることについて、呉さんは、「今年の募集人数は50万人程度。一方、受験者が180万人だとすると、倍率は約3.3倍になり、合格できるのは3人に1人以下ということになる」と気持ちを引き締める。(編集KN)

 人民網日本語版」2012年11月1日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古