2012年11月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:21 Nov 02 2012

加藤嘉一氏の経歴詐称 北京大学「卒業資格には影響しない」

事件:加藤嘉一氏、「東大合格はウソ」


 「中国で一番有名な日本人」と言われるコラムニストの加藤嘉一氏(28)が、「東京大学に合格した」と経歴を詐称していたことが、週刊文春11月8日号の記事で発覚。加藤氏は10月31日、自身の公式サイトに「お詫びとご報告」とする文章を掲載して、「私が東京大学に合格・入学した事実はない」と詐称疑惑を認めた。北京のタブロイド紙「京華時報」(電子版)が報じた。

 加藤氏が卒業した北京大学の国際合作部やその関係者は同日、取材に対して、「国外の学生が入学するに当たり、学生本人は複数大学の合格通知を受け取っている可能性があり、学生は自身の希望に応じて入学する大学を選択する。当校に加藤氏が入学するに当たり、当校は彼がほかの大学の合格通知書を受けとっていたかなどは把握しておらず、それが入学を妨げる要素ともならない」とした。

 また、北京大学は留学生であっても学部への入学には、語文(日本の国語に相当)、数学、英語、文理科学科の試験に参加することを要件としており、合格者のみが入学資格を得る。そのため同部は、「加藤氏が、『東京大学に合格したが、自ら入学を放棄した』と詐称していたことは、当校の入学や卒業に影響を与えることはない」との考えを示している。(編集KN)

 「人民網日本語版」2012年11月2日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古