2012年11月4日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:59 Nov 04 2012

日本で船舶衝突事故

 福岡駐在中国総領事館は3日、同日未明に日本の宮崎県沖でパナマ船籍の貨物船が日本のタンカーと衝突し、貨物船の中国人乗組員1人が頭部に軽傷を負ったものの、手当をうけすでに船に戻ったことを明らかにした。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 現地時間3日午前3時40分頃、貨物船(1990トン)は宮崎県串間市から約10キロの海上で、山口県下松市の海運会社所有のタンカー(366トン)と衝突した。貨物船は右側面に約2メートルの亀裂が入り、浸水して自力航行ができなくなったため、タグボートで日本の港まで曳航された。タンカーも船首が損傷したが、自力航行ができる。

 事故発生時、貨物船は千葉から中国へ向けて航行中で、中国人14人が乗っていた。現在、日本の宮崎海上保安部が事故原因を調査している。

 福岡駐在中国総領事館によると総領事館は事故発生を知るとすぐに日本側と連絡を取って状況を把握するとともに、貨物船と乗組員の安全を確保するよう日本側に求めた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年11月4日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古