2013年6月8日    ホームページに設定人民網モバイルニュース配信メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:35 Jun 08 2013

中国のハイレベル人材流出数は世界一

 中国の中央(政府)人材業務協調グループ弁公室の責任者はこのほど、取材に対して「中国のハイレベル人材の流出数は世界で最も多く、うち、科学やエンジニアリングなどの分野の海外滞留率は平均87%に達している」と指摘、「世界では人材競争がさらに熾烈になっており、中国は、臨機応変な政策と構造をもって、世界的な人材競争に積極的に参加しなければならない」との見方を示した。人民日報が報じた。

 1949年に現在の中国が建国されてからの約60年、特に改革開放(78年)以降の約30年の間に、中国はヒューマンリソースが欠乏している国から、膨大な保有量を誇るヒューマンリソース大国へと発展した。中国科学院(CAS)はこのほど、▽生物・生物化学▽コンピューター▽物理▽農業▽数学▽化学---の6分野における、世界のハイレベル科学技術イノベーション人材1907人を対象に分析を実施。現在職に就いている人材の比率を表した国別のランキングで、中国は物理や数学、コンピューターなどの分野で、優位に立っており、うち、物理は9位、数学は8位に付けていることが明らかになった。つまり、中国は「人材強国」の道を歩むための、しっかりとした基礎を既に築いていると言えるだろう。

 しかし、中国のハイレベル人材の流出数は世界で最も多く、うち、科学やエンジニアリングなどの分野の海外滞留率は平均87%に達している。同責任者は、「中国は人材の規模や、構造、資質などの分野で、世界の先進国や経済社会発展の必要と比べると、まだ不足している部分が多くある。特に、ハイレベルのイノベーション型人材が不足しており、イノベーションや起業の能力が不足している。また、人材構造や配置が合理的でないだけでなく、人材の発展体制・構造の障害も取り除けていない。さらに、ヒューマンリソースの開発なども不足している」と強調。「これらは、人材強国戦略を実施する際、重視し、解決すべき問題」と指摘した。

 現在、世界では人材の競争がさらに熾烈になっており、「人材戦争」勃発の気配が漂っている。また、先進国の多くが、移民政策の緩和などを通して、人材の呼び込みや引き留めの力を強めているだけでなく、人材競争の中に割って入る発展途上国も多く登場している。一方、中国政府が近年、「千人計画(海外ハイレベル人材招致計画)」を実施しているのを背景に、100万人近い留学生が中国に帰国しており、うち、ハイレベル人材が2万人以上いる。そのため、同責任者は、「この流れを保ち、臨機応変な政策と構造をもって、世界的な人材競争に積極的に参加しなければならない」と強調した。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:2

   

最新コメント
ネットユーザー   2013-06-07123.126.50.*
TO 宮田総美                              例えば人材を使いこなすために、どういう風にすればいいのかの提案をしていただければ幸いです。
宮田聡美   2013-06-06121.32.133.*
私自身は全然ハイレベルではないけれど、数年生活して、中国は様々なチャンスがあり、兆戦しがいのある国だな、だという感想です。ただ、地方政府等や企業のリーダーは、熱情はあるのだけれど、頭が硬いというか、意識が遅れているというか、人材を使いこなす意識と能力が、まだまだ足りないと思います。
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古