メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>社会>>健康
更新時間:15:41 Aug 19 2008
夏の不健康な飲食習慣(2)冷えたスイカは胃腸に負担
 ▽スイカを冷やして食べる

 スイカを買って帰った後、すぐには食べずに冷蔵庫で冷やした後に食べる人は多い。しかし、冷やしたスイカを長期間にわたって食べると胃腸を悪くする可能性がある。スイカは性質が「寒」で、味は「甘」い。スイカを切った後長時間冷蔵すると、表面に膜を生じて冷気が吸収され、スイカの水分が氷の結晶を生じることが多い。医師によると、人間が「凍った」スイカを食べると、口腔内の唾液腺や舌の味覚神経、歯周神経などが冷たさの刺激を受けてほとんど麻痺状態となり、スイカの甘みを味わうことができないだけでなく、喉の炎症や歯痛といったマイナスの反応を生じることもある。また、冷やしたスイカを食べ過ぎると胃腸を損ない、胃液の分泌に影響を与えて食欲減退や消化不良をもたらす。

 ▽ダイエットのためにフルーツを食べる

 フルーツにはビタミンや水、ミネラルが多く含まれ、人間の健康にとって非常に役立つ。しかしフルーツを食べ過ぎると、人体の内分泌システムや消化、免疫システムなどに悪い影響を与える。栄養学の観点から見ると、フルーツしか食べないのでは炭水化物やミネラル、たんぱく質といった様々な基本的栄養に対する人体のニーズを満たすことができない。また大部分のフルーツは糖分の含有量が高く、長期間にわたって大量に摂取しても理想的なダイエット効果はあがらない。(編集YH)

 「人民網日本語版」2008年8月19日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
北京オリンピック主題歌「私とあなた」 北京オリンピック主題歌「私とあなた」