メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>社会>>健康
更新時間:15:41 Nov 03 2008
バナナダイエットブーム追従は慎重に
 国内メディアは最近続々と、一部海外メディアによる日本の「バナナダイエットブーム」報道を引用し、多数の国内ダイエッターやボディ・コンシャスな人達を煽り立てている。しかし、長時間にわたる空腹後のバナナの大量摂取は健康を損なう恐れがあり、むやみにバナナダイエットブームに追従しないよう、医師は注意を呼びかけている。

 海外メディアによると、日本で生まれた「バナナダイエットブーム」の発端は、東京に住む渡辺仁氏が開設したネット掲示板という。渡辺氏が著しい減量効果を得たバナナを食べるダイエット方法がこの掲示板で紹介されたのだ。朝食にバナナと水を採る。バナナは満腹になるまで食べて良い。昼食と夕食はいつもの通りでOK。夕食は午後8時までに済ませ、12時までに床に就く。この掲示板が引き金となって、バナナダイエットブームが日本中に沸き起こった。スーパーマーケットでバナナの販売量が激増、品切れ状態が続いた。

 吉林省公安辺防総隊医院の付禹フォン医師は、バナナダイエットについて次のようにコメントしている。

 バナナはマグネシウムを豊富に含む。空腹状態でバナナを大量に食べた場合、血液中のマグネシウム含有量が急増し、血液中のマグネシウムとカルシウムとのバランスが失われ、心臓血管系に対する抑制作用が働く。バナナは糖分や食物繊維などの栄養成分を豊富に含み、便通を良くする作用もあるが、空腹時に食べると胃酸の分泌が抑制されるため、消化しにくくなる。また、栄養のバランスも偏る。バナナダイエットブームをむやみに追従することは慎んだ方が良い。(編集KM)

 「人民網日本語版」2008年11月3日

関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
芹洋子さん、84年の訪中を振り返る 胡錦濤氏の贈り物 芹洋子さん、84年の訪中を振り返る 胡錦濤氏の贈り物