メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>社会>>注目トピックス
更新時間:16:41 Sep 03 2008
調査結果 就職先として公務員が大人気(4)
 ▽「公平、公開」が公務員面接試験の代名詞に

 「公務員試験は大学入試や大学院入試に続く一つのゲートで、一般家庭の子供でも社会上層へと登らせてくれるものだ。」湖北大学哲学部の余教授によると、現在では子供の教育が完了すると、両親の人脈を通じて就職する「コネ就職」が頻繁に起こっている。しかし公務員試験ではこうした問題を免れることができる。

 調査結果によると、公務員試験は一般人に公平な競争のチャンスを与え、一生を変えることが可能だと答えた人は37.4%いる。

 「しかしそれは、公務員試験が公平かつ公開であることが前提だ。」余教授は、一部地方では公務員採用の過程で依然として「コネ就職」が存在し、人脈やコネを通じて子供を就職させており、公平な競争の道を阻み、恩恵を得た子供への被害も小さくないと指摘している。「人脈で仕事を得たと知った子供たちは、その後何でもl脈で解決できると考えるようになる。これは危険で、また他人にとって不公平だ。そのため公務員試験の公開性と透明度が社会全体の情勢に重要な意味を持つ。」

 今回の調査でも、64.4%の人が余教授の観点に賛同し、公務員採用プロセスが一層公開で透明度の高い、公平なものとなることを希望している。

 公務員試験に合格した陳君蓉さんによると、彼女が参加した公務員試験面接ではその場で成績が知らされ、また次の試験のリストが発表されたという。「全てのプロセスを皆が見ることができ、公平だった。」

 「現在では『公平、公開』が公務員試験の代名詞になっている。」余教授によると、2007年の「公務員採用規定(試行)」の発表後、公務員採用システムはより厳密で規範的になった。今年6月の湖北省地税システムの公務員面接試験では現場中継も行われ、採用政策、採用職種、採用条件、採用プロセス、試験成績、採用結果の「6つの公開」が実現された。現在は公務員試験の試験巡視制度を構築し、試験官は身分証を持ち、各会場の面接試験の7人の試験官のうち試験元機関からは3人まで、組織・人事部門から2人、専門家2人とするとしている。また面接試験では「2重の抽選」を実行し、面接当日朝に受験生と試験官の試験会場を決定することで、事前に試験官に接触することや知り合いに行き当たる可能性を大きく減らし、公平性と公開性を最大限保障している。

 江蘇省、天津市、重慶市、湖南省などでも今年新たな措置を発表し、公務員の面接試験の公平と公正を保証する。正義は実現する必要があるだけでなく、目に見える方法で実現する必要があるという名言どおりだと言える。(編集YH)

 「人民網日本語版」 2008年09月03日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
北京パラリンピック聖火、採火式とリレー開始式が開催 北京パラリンピック聖火、採火式とリレー開始式が開催