メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>社会>>注目トピックス
更新時間:13:29 Sep 04 2008
四川南部地震、被災者120万人・死者38人
 国務院新聞弁公室が3日に開いた記者会見によると、四川省の攀枝花市・会理県一帯で8月30日に発生した地震による被害は3日午前8時までに、死者38人・被災者120万人に達した。家屋損壊の総面積は1700万平方メートルで、そのうち300万平方メートルでは修復不可能となった。被害の大きかったのは土や木を主体に作られた農村の家屋で、約15%が被害を受けた。

 民政部災害救助司のホウ陳敏・副司長によると、被災地では基礎的な避難作業がほぼ終わり、負傷者も効果的な手当てを受けている。▽物資の確保▽被災個所の整理▽公共設備の復旧――など各種の救援活動も現在、展開されている。被災者の避難作業ではいくつかの困難に直面している。第一に、避難民の規模と避難期間。地震で多くの家屋が倒壊・損壊し、余震も続いているため、多くの住民が帰宅できない状態だ。避難者の数も多く、避難期間も長くなると予想される。第二に、修復・再建が必要な被災家屋が多く、政府の責任も大きいこと。住民はそれほどの蓄えを持っておらず、政府の救助への需要が大きい。第三に、気温の低下するシーズンがまもなくやってくること。避難民が冬を過ごす準備を整える必要がある。(編集MA)

 「人民網日本語版」2008年9月4日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
北京パラリンピック聖火、採火式とリレー開始式が開催 北京パラリンピック聖火、採火式とリレー開始式が開催