メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>社会>>注目トピックス
更新時間:11:07 Sep 19 2008
「北京―東京フォーラム」はアジアに向いた対話の場へ
 東京で開催されていた第4回「北京―東京フォーラム」は17日、共同声明を発表して、閉幕した。声明は今回のフォーラムを総括し、アジアに目を向け、今後は中日両国を基礎にアジアと世界に向いた対話の場へとフォーラムを発展させる考えを表明した。

 声明は「『北京・東京フォーラム』はパブリック・ディプロマシーの舞台として、中日関係改善の過程に積極的な役割を果たした。本フォーラムは両国民を中日関係の議論に幅広く参加させる上で高い価値を持つ。今大会は参加者数の多さ、水準の高さ、議題の幅広さのいずれにおいても過去の大会を上回った。今年の対話は中日双方の相互理解を深め、多くの重要な共通認識に達成し、世論にプラスの影響をもたらした」と指摘した。(編集NA)

 「人民網日本語版」 2008年09月19日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
北京パラリンピック聖火、採火式とリレー開始式が開催 北京パラリンピック聖火、採火式とリレー開始式が開催