メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>社会>>注目トピックス
更新時間:11:18 Sep 22 2008
中国で診察を受けた乳幼児に牛乳によるケースはなし
 国家衛生部は21日に発表した報告で、同日8時までに中国大陸部で報告された、乳幼児用粉ミルクの飲用により診察、治療を受け、基本的に回復した乳幼児は累計で3万9965人にのぼったと明らかにした。流行病学的調査によると、治療を受けた乳幼児は基本的に三鹿製の粉ミルクを食用したケースで、牛乳を飲用したケースはまだ報告されていないという。中国新聞社が伝えた。

 同報告によると、現在入院治療中の乳幼児は1万2892人で、そのうち症状が深刻な乳幼児は104人、回復して既に退院した乳幼児は1579人。治療を受けた全ての乳幼児のうち、2歳以下の乳幼児が81%以上を占めている。

 また同報告では、9月以降、病院で受診したり入院治療を受けた患者の死亡例はないという。各地で報告された死亡例の3ケースはいずれも今年5月から8月までの間に死亡したケースを遡って調査したものだ。(編集YH)

 「人民網日本語版」 2008年09月22日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
北京パラリンピック聖火、採火式とリレー開始式が開催 北京パラリンピック聖火、採火式とリレー開始式が開催