メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>社会>>注目トピックス
更新時間:10:02 Oct 07 2008
西蔵でM6.6の地震発生 9人が死亡
 国家地震台網の観測によると、西蔵(チベット)自治区拉薩(ラサ)市当雄(ダムシュン)県(北緯29.8度、東経90.3度)で北京時間の6日午後4時30分、マグニチュード(M)6.6の地震が発生した。震源地は拉薩市から約82キロ、日喀則(シガツェ)市から約150キロ離れた場所で、震源の深さは8キロ。

 地震発生後、同自治区政府は積極的な対応措置を取り、直ちに2級緊急対応体制を発動し、震災救援指揮部を立ち上げた。また、拉薩市の一部の小学校では生徒を早めに下校させた。

 同自治区の常務副主席で、当雄地震緊急対応指揮部のカク鵬・総指揮は7日の記者の取材に対し、同日零時の時点で地震による死者は9人、重傷者は11人、軽傷者は8人、倒壊した家屋は147軒にのぼると報告した。

 地震による被害が深刻な格達郷羊易村には住民899人が暮らしており、今のところ他の死傷者は見つかっていない。自治区政府が派遣した救援チームはすでに同村に到着し、救援活動を展開しているという。6日午後10時30分に人民解放軍・武装警察・消防・公安・衛生・交通・地質専門家など600人余りからなる救援チームが被災地に向かった。(編集KA)

 「人民網日本語版」 2008年10月07日
関連記事
印刷版 ホームへ
注目ポイント
[ V ]動画
「神舟7号」宇宙飛行プロジェクトのCG動画 「神舟7号」宇宙飛行プロジェクトのCG動画