メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>社会>>注目トピックス
更新時間:09:54 Oct 09 2008
上海万博、アジア全45カ国が参加
 上海万博事務協調局の周漢民・副局長は7日、東ティモールの参加表明により、2010年上海万博にはアジア45カ国のすべてが参加することを明らかにした。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 アジアの東ティモール、および欧州からラトビアがこのほど上海万博への参加を表明した。7日現在、179カ国・44国際機構の上海万博参加が確定している。うち、12カ国については中国との国交は未だ結ばれていない。地域別にみると、アフリカ50カ国、アジア45カ国、欧州44カ国、米州25カ国、大洋州15カ国となっている。トルコ・アゼルバイジャン・キプロスなどは地理的にはアジアに属するが、博覧会国際事務局(BIE)の慣例にしたがい、上海万博では欧州パビリオンに出展することとなる。

 150年以上にわたる万博の歴史の中で、参加した国家・国際機構が最も多かった万博は、2000年に開催されたドイツ・ハノーバー万博で、155カ国・17国際機構が参加した。上海万博事務局によると、上海万博開催では中国政府が万博開催立候補の際、200カ国・国際機構の参加を国際公約に掲げていた。この公約は万博史上での新記録達成を目指したものではなく、いかなる国家・国際機構も世界の中で孤立しないことを願い、上海万博が「グローバル文明の祭典・地球市民の万博」となることを目指した結果だという。(編集HT)

 「人民網日本語版」 2008年10月08日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
「神舟7号」宇宙飛行プロジェクトのCG動画 「神舟7号」宇宙飛行プロジェクトのCG動画