メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>社会>>注目トピックス
更新時間:15:22 Oct 13 2008
異性装・同性愛者、大学授業で「体験を講義」(1)
11日午後、白いスカート姿で学生に講義する異性装愛好者・曹靖さん
 11日午後と12日午後、異性装愛好者(クロスドレッサー)、性転換者、女性同性愛者、男性同性愛者各1名が北京林業大学人文学院心理学科の授業で「体験談」を講義、200数人の受講学生に自分自身の身の上とこれまで感じてきたことを披露した。これは、今学期に新しく開講された「性・性別心理学」コースの授業の一部で、学生たちがこれら「性的マイノリティ」の人々と直接接触できるよう図られたものだ。「新京報」が伝えた。

 ▽5カ国語を操る異性装愛好者

 11日に講義を担当した異性装愛好者の曹靖さんは、5カ国語を操る。1メートル80センチ近くの長身、好んで「クール(Cool)」と自称する。彼は授業当日、白い上着と白いスカート姿で、首には赤いスカーフを結んでいた。夏にはミニスカートを穿くこともあるという。

 大学でスペイン語の授業を受けていた時、担当の先生は彼の服装を許容できず、試験で不合格としたと曹靖さんは語った。彼は抗議したが認められず、とうとう退学せざるを得なかったという。

 曹靖さんは道を歩いている時に他人から浴びせられる異様な視線は気にしないという。「他人が自分のことを言葉に出して謗らない限り、他人の存在は気になりません」と語る。(編集KM)

 「人民網日本語版」 2008年10月13日
関連記事
印刷版 ホームへ
注目ポイント
[ V ]動画
「神舟7号」宇宙飛行プロジェクトのCG動画 「神舟7号」宇宙飛行プロジェクトのCG動画