メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>社会>>注目トピックス
更新時間:15:20 Oct 17 2008
北京 ネットカフェ入店時には顔写真撮影、身分証のスキャン(2)
 ▽焦点

 (1)利用者の個人情報が外部に漏れるのでは?

 文化執法総チームの報道担当者である李菲氏によると、すべての監督システムは文化執法総チームの管理プラットフォーム上に設置している。ネットカフェの店主は、情報資料の採集およびその照合を行えばよい。情報資料を修正したり使用したりする権利はない。そのため個人情報が漏洩することはありえない。

 (2)システムが未成年者の入店規制となりうるか?

 李菲氏によると、かつて、ネットカフェの店主の中には、暗黙の了解で、未成年者の入店を許してきた者もいる。今、このシステムにより、身分証の情報だけでなく、顔写真も照合の対象となっている。そのため、未成年者の入店規制が、以前よりも有効となるだろう。システムの更新や完備化に伴い、今後はその効果が明らかになってくると思われる。(編集WM)

 「人民網日本語版」 2008年10月17日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
映画「画皮」予告編が初公開 恐怖よりも一驚 映画「画皮」予告編が初公開 恐怖よりも一驚