メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>社会>>注目トピックス
更新時間:16:04 Oct 28 2008
7割近くの父母、「自分は親として失格」
 天津市婦女連合会と天津市家庭教育研究会がこのほど天津市内9区・県の1054家庭を対象に行ったアンケート調査によると、自身のことを「親として失格」と考えている父母が7割近くに達した。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 今回の調査では、68.1%の回答者が自身を「親として失格」と答えているほか、「自分は親としての資質がない」と答えた回答者も1.1%いた。一方で自身のことを「親として成功している」、「親に向いている」と回答したのはそれぞれ、わずか2.1%、3.9%にすぎなかった。また、24.9%の回答者は、「答えられない」とした。

 今回の調査に参加した天津市家庭教育研究会の関穎・副会長によると、父母の間では自身が「親」としての責任をほとんど果たしていないとの認識が一般的であり、このような結果は、父母が親としての責任を履行することや、家庭内教育を行う上でさまざまな問題が出現すること、さらには挫折に遭遇していることと、密接な関係があるという。

 「子供には失敗を許さない親御さんがいます。失敗を恥ととらえている。子供が失敗すれば親の失敗となる。これが今どきの親御さん達の一般的な心境です」同副会長は述べている。

 関副会長によると、多くの親たちは自身の評価に消極的で、子供の教育での自身の立場を誤って受け止め、子供に対して誤解をしている親がきわめて多いという。実際のところは絶対的多数の子供たちは健康に成長しており、成長の過程で問題が生まれるのは避けられない。このことで親が自身を「失格」と思うのは、子供の教育にとって何の役にも立たない。父母にとって必要なのは自信であり、自身の教育資質を高めるための努力だと関副会長は述べている。(編集HT)

 「人民網日本語版」2008年10月28日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
映画「画皮」予告編が初公開 恐怖よりも一驚 映画「画皮」予告編が初公開 恐怖よりも一驚