メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>社会>>注目トピックス
更新時間:13:39 Nov 07 2008
姚明選手が香港大学の名誉博士に エイズ予防への貢献を称え
 世界のエイズ予防に長期的に多大な貢献をしたとして、香港大学はプロバスケットボールの姚明選手に名誉社会科学博士号を特に授与することを同大学の公式サイトで6日明らかにした。来年行われる授与式で、クリントン前大統領と医学博士の何大一教授にも名誉博士号が送られる予定。

 香港大学の公式サイトは姚明選手について次のように紹介。米プロバスケットボールNBAに入団後の姚明選手の見事なプレーで中国のバスケットボールにより注目が集まるようになり、同時に自身の影響力を活用して積極的にチャリティ事業に取り組み、今年5月の四川大地震発生後には「姚基金」を設立し、支援の必要な子供たちに数え切れない温もりを送った。

 また、姚明選手はエイズ予防の普及にも多大な貢献をしている。同じNBAプレーヤーのマジック・ジョンソンとコマーシャルに出演し、国内で数多くのエイズ予防キャンペーンを展開、エイズにかかった孤児を見舞ってきた。こういったキャンペーンに対するまじめな態度と自らの参加を通じて、社会の人々のエイズに対するマイナスイメージを変え、人々がエイズ患者やHIV患者に対して思いやりを持つようになった。国連合同エイズ計画(UNAIDS)事務局の「エイズ予防特殊貢献賞」も受賞している。このため香港大学は名誉社会科学博士号を姚明氏に特に授与することを決定した。(編集KA)

 「人民網日本語版」2008年11月7日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
芹洋子さん、84年の訪中を振り返る 胡錦濤氏の贈り物 芹洋子さん、84年の訪中を振り返る 胡錦濤氏の贈り物