メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>社会>>注目トピックス
更新時間:16:14 Nov 10 2008
中日の国民感情が悪循環を脱するには(3)日本メディアを通じて民間活動を展開
 ■日本メディアを通じた民間活動はどのように展開するか

 過去2年間にも、中日関係にはいくつかの明らかな欠陥があった。第1に、両国間の枠組がまだ成熟の域に達しておらず、引き続き努力が必要なこと。第2に、双方の国民感情がまだ互いをよく知らず、政治上のなにか一点で小さな風波が立っただけで、ただちに燎原の火となって燃え盛りかねないことだ。

 こうした情況の下では、双方の国民感情と世論の反応を引き続き正しく誘導することを、両国共同の努力目標とすべきだ。もちろん、両国間の国民感情の改善は、最終的には、青年交流を初めとする大規模な民間交流に依拠すべきだが、現在の青年交流の規模と数量は、両国関係への静かな感化の力が明らかに小さすぎ、大幅な増加と強化が必要だ。【文:邱鎮海・鳳凰衛視(フェニックステレビ)論説員】(編集NA)

 「人民網日本語版」2008年11月10日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
麻生首相、中央電視台のインタビューに応える 麻生首相、中央電視台のインタビューに応える