メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>社会>>注目トピックス
更新時間:17:17 Nov 10 2008
改革開放30年、一家3代の「中国式結婚」(1)
 婚姻の形態が、媒酌人による紹介から自由恋愛になり、農作物の結納品から三金(金のネックレス・イヤリング・指輪)になり、新婚夫婦のためのボロボロの部屋はマンションの新居となり、ラバや馬で花嫁を迎えに行ったのが、高級車の車列に…。山西省候馬市で、親子3代にわたる「金婚・銀婚・新婚」を祝う披露宴において、記者はそれぞれの時代の婚礼の移り変わりを目の当たりにした。新華網のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 第3代目となる張志剛さんの11月6日の結婚披露宴において、その祖父の75歳になる張度さんは涙をためながら「この年になって、息子や孫と一緒に披露宴ができるとは思わなかった」と語った。この日、張家3代が揃って執り行う「金婚・銀婚・新婚」披露宴において、新郎の張志剛さんと新婦の衛亮亮さん、新郎の父親である張華明さんは妻の王亜麗さん、新郎の祖父・張度さんは妻の衛玉娥さんを伴い、披露宴のひな壇に座った。

 披露宴には、張家の歴史を表す数十枚の写真が飾られ、張家、そして歴史の変遷を来客に紹介した。

 張度さん夫婦は1952年に結婚。その時の様子を「麦3斗(と)マス分、20元が結納金。ロバ一頭で引き連れて、嫁を迎えに行った」と語る。張度さんによると、当時、結婚は父母が取り仕切るものであり、結婚当日になってやっとお互いの顔を見ることができたそうだ。「結婚した当初、家は貧しく、結婚当日も食器を近所から借りてきたほどだった。親戚や友人数人を呼び、新婚夫婦のためのボロボロの部屋の前で、簡単な食事を振舞った。それが婚礼、といえば婚礼らしいものだった」と語る。(編集WM)

 「人民網日本語版」2008年11月10日
関連記事
 改革開放30年、一家3代の「中国式結婚」(2)
 駐日外交官が経験した対外開放30年(5)
 駐日外交官が経験した対外開放30年(4)
 駐日外交官が経験した対外開放30年(3)
 駐日外交官が経験した対外開放30年(2)
 駐日外交官が経験した対外開放30年(1)
 主人公との結婚合法化を求める日本の漫画ファン
 改革開放30年 絶対貧困人口2億3500万人減
 改革開放30年の重要な出来事(30)2007年:「科学的発展観」が党規約に
 改革開放30年の重要な出来事(29)2007年:「物権法」の施行
 改革開放30年の重要な出来事(28)2006年:「社会主義調和社会の構築」
 改革開放30年の重要な出来事(27)2005年:「股権分置改革」の試行開始
 改革開放30年の重要な出来事(26)2005年:「社会主義新農村の建設」の提起
 改革開放30年の重要な出来事(25)2005年:農業税廃止
 改革開放30年の重要な出来事(24)2004年:私有財産保護を憲法に明記
 改革開放30年の重要な出来事(23)2004年:国有商業銀行の株式制改革
 改革開放30年の重要な出来事(22)2004年:「国九条」の公布
 改革開放30年の重要な出来事(21)2003年:旧工業基地の振興戦略
 改革開放30年の重要な出来事(20)2002年:「小康社会の全面的な建設」
 改革開放30年の重要な出来事(19)2001年:WTOに正式加盟
 改革開放30年の重要な出来事(18)1999年:西部大開発戦略の発表
 「8・8カップル」2カ月経った今、「離婚したい」が続出
 杭州「80後」、婚前の相性診断テストが流行
 結婚届を8月8日に、1万6400組が予約済み 北京市
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
麻生首相、中央電視台のインタビューに応える 麻生首相、中央電視台のインタビューに応える