メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>社会>>注目トピックス
更新時間:10:32 Nov 11 2008
パンダの野生化を進める基地建設へ 総投資額6千万元
 成都パンダ繁殖基地によると、世界初となる大規模なパンダの野生化モデル基地が3~5年以内に成都市都江堰市の玉堂鎮馬家溝に完成する見通しだ。「中国新聞社」が伝えた。

 同基地の面積は133ヘクタール、総投資額は6千万元。完成後、同基地にパンダを集め、科学研究・教育・観光を一体化した国際的な生態保護の教育・観光モデル区を構築する計画だ。関係者によると、同センターはパンダのオスとメスを野に放ち、その繁殖状況を追跡観察、条件が整い次第、子パンダたちを野生の生活に適応させていくという。(編集KA)

 「人民網日本語版」2008年11月11日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
麻生首相、中央電視台のインタビューに応える 麻生首相、中央電視台のインタビューに応える