メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>寧夏
更新時間:17:20 Dec 05 2008
2千人のイスラム教徒がメッカ巡礼へ 寧夏
 中国最大のイスラム教徒の居住区、寧夏回族自治区で10日午後6時30分、今年初の聖地メッカ巡礼者のためのチャーター便が銀川河東空港から飛び立った。今年、寧夏では1910人のイスラム教徒が自費で、中国政府が手配するメッカ巡礼ツアーに参加する予定だ。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 巡礼はイスラム教の五行の一つとされている。寧夏宗教局の楊生瑞氏によると、今年、寧夏からメッカを巡礼するツアーには、一般教徒、清真寺(モスク)のアフン(住職)、アラビア語通訳、医師などが含まれており、うち約44%が女性となっている。

 統計によると、1985年に中国が自費の巡礼ツアーを再開以来、寧夏からメッカ巡礼に参加するイスラム教徒の数は1988年の15人から、2007年は1656人に増加し、のべ8288人にのぼっている。

 寧夏回族自治区は、5つの少数民族自治区のうちの一つで、「中国ムスリム省」とも呼ばれている。自治区内に住む回族は210万人以上で、全自治区の総人口の3分の1以上を占めている。(編集WM)

 「人民網日本語版」2008年11月11日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
麻生首相、中央電視台のインタビューに応える 麻生首相、中央電視台のインタビューに応える